ここは私の大切な思い出の宝箱♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
おかあさんへ
Y新聞に載っていた、6歳の女の子の詩です。

おかあさんへ

げんきになって よかったね
でもほしだから
かおは あわせられないね
わたしまた あなたのかおみたいな

          なおより


*係りから
 通夜の際、闘病中とは違う安らかな顔を見て
 「げんきになって」と書いたそうです。






何年も何年も前の気持ちを思い出しました。
そのときは、苦しそうではないお母さんの眼を閉じた顔を見て
悲しみよりも、もっと違う思いだった…のかも。
たくさんの涙が出たのは何年もしてからでした。
おかあさんへ

お元気ですか?
私たちはみんな元気です。

おかあさんが逝ってしまった夏が
また終わります。
12:38 * comments(7) * - ちょっとひとりごと
スポンサーサイト
12:38 * - * - -
comment*
machiさん、私も思い出してしまいました。
母のあの顔を・・・。
うっすらと薄化粧した母の顔はきれいでした。
このまま、このまま、たとえ、話はできなくても、
このままこの姿で眠っていてほしい・・・
そう思いました。

やがて、母は煙になっていきました。
8月の暑い日でした。

machiさんのお母様と私の母・・・
「まぁ、娘がお世話になっております」
「こちらこそ・・・」
なんて、星の世界で、立ち話をしているかもしれませんね。
nanako * 2007/09/05 4:27 PM
私もY新聞のこどもの詩が好きで、この詩も拝見して
涙こぼれました。
子供の目線からとらえた母の死。
machiさんの言われるとおりなのでしょうね。
この詩を書いた「なおちゃん」にもmachiさんのような
明るい女性に成長してほしいなと思いました。
いつのまにかm.さんがmachiさんになってるけど。(爆)
moukun * 2007/09/05 5:17 PM
ごめんなさい。
moukunさんのコメントを拝見して、
うわっ、私もまちがったぁ〜って、
気付きました。
m.さんだったのに・・・。
あわてんぼうのnanaネエです。
許してね。(汗)
nanako * 2007/09/05 6:17 PM
うちは、Y新聞ではないので、初めて読みました。
この6歳のなおちゃんの詩。
読んだ瞬間、熱いものがこみ上げてきました。
この子がどんな気持ちで、この詩を作ったのか。
いじらしくもあり、切なくもあり。。。

ほんとに素直で明るい女の子に育ってほしいですね。
wakazukuri * 2007/09/06 10:16 PM
☆nanakoさんへ♪

いいえ〜もう、めんどくさい。。machiでいいです(爆)

なおちゃん、は、6歳なのですよね。
私がその場面に出会ったのは13歳のときでした。
6歳の目から見た母の死。
なんて素直でこころからお母さんが好きで…
心がぎゅっとなりました。

雲の上の、いつも青くて星が綺麗な空で、
nanakoさんのお母さまと私の母が
薄化粧の清らかな笑顔で立ち話しているといいですね。
きっと元気で…


☆moukunさんへ♪

はい。machiでいいです(笑)
自分で書いちゃってるもん(前記事のコメント)

moukunさんもY新聞ですか?
この子どもの詩、毎日必ず目を通します。
思わずプッとなったり、ほろっとこみ上げてきたり…
子どもの心ってほんとやわらかい。

私はおちゃらけだからね〜(笑)
なおちゃん、6歳なんですよね。
「げんきになって」という言葉、6歳にしか出てこない言葉だなぁ。。
何年かしてこの詩をどんなふうに思うんでしょう。
いいお母さんになってほしいですね。


☆wakaさま♪

ね。とってもいじらしいというか、悲しすぎるというか…
お母さんが柔らかい表情で眠っているのをみて
悲しみよりも、ほっとした…もうお話できないけど、
もうぎゅっと抱っこしてもらえないけど…
たくさん甘えたかったろうに。
お星さまになってしまうおかあさん。
「げんきになったかお」はもう見られない…
強く、明るく、おおきくなってほしいなぁ。
machi * 2007/09/08 10:24 AM
少し寂しいけど・・・・・、
あの場所でまた会える日を待ってますよ。
時間があるときにでも、ふら〜っと遊びに来てね。

やっと、涼しくなりましたぁ〜。
もうヘトヘト。
nanako * 2007/09/23 8:56 AM
☆nanakoさんへ♪

お気遣いありがとうございます♪
中途半端にブログに向かうことはやめようと思います。
あの場所に戻れるかどうかは今、ちょっと迷っていますが、
必ずどこかでもう一度はじめから…そう思っています。
来月半ばに落ち着いたら、あの場所できちんと皆さんにお伝えしようとおもっています。
決して急に消えたりしませんよ。
私には私の思いがあります。
それをわかってもらえようと、そうでなかろうと、
伝えることは自由であっていいはずです。

ここは非表示にはできないので、このままおいておきます。
よろしかったらまた遊びに来てくださいね。
私もちょこちょこ覗かせていただきます♪
ありがとうございました。
machi * 2007/09/23 10:42 AM






<< Next   /   Prev >>